European 神保佳永 じんぼよしなが 総料理長

「HATAKE AOYAMA」 千代田線、半蔵門線、銀座線の表参道駅(B3出口)から徒歩2分。青山246ビルの小道を青山方面に向かい、突き当りを右へ。一つ目の角を左に曲がり道なりに進み、右手にあるビルの地下一階にあるお店。

“HATAKE”バーニャカウダ 契約農家さんより毎朝届く新鮮野菜のオンパレード。オリジナルのバーニャカウダソースと共に。

東京伝統野菜のカッペリーニ 江戸野菜の香りを添えて 東京の食材のすばらしさを表現したひと皿。

熊本県阿蘇産赤牛ロース肉の低温アロスト旬野菜をちりばめて… 赤身がすばらしい赤牛ロース肉を3時間かけて火を入れ…それぞれの旬の野菜とマリアージュ。

料理は愛情。

活動情報

ぐるなびシェフでの活動

2012.09ぐるなび「シェフごはん」レシピ監修 2011.06.05~06「香川県食材探しツアー」に参加 2009.11コラム「波乱万丈人生紀」に登場(会員限定)

その他での活動

2012.09.12伊勢丹新宿店に「HATAKE CAFE」をオープン
2012.01.28テレビ朝日「二人の食卓」に出演
2011.09.16NHK「キッチンが走る!」に出演

プロフィール

1977年茨城県日立市出身。
漁師の祖父、イタリアンシェフの父のもと、幼少時から食材の大切さを身につける。子供たちにさまざまな思いを伝えることのできる教師への道を一度は目指すが、父の影響を受け、料理人になることに。辻調理師専門学校を卒業後、銀座「ベルフランス」を経てヨーロッパへ渡、フランスから始まりイタリアへまわる。数々のグランメゾンでの修行を積み、2002年帰国。株式会社ひらまつに入社、丸の内「サンス・エ・サヴール」のオープニングスタッフとして活躍。2005年浦安「ホテルエミオン東京ベイ」に副料理長として入社後、洋食総料理長に就任。2009年「Restaurant I」を立ち上げ総料理長を務め、江戸野菜を初めてフレンチに取り入れたことで注目を集める。2010年6月自身のHATAKE AOYAMAを独立し総料理長を務める。
大きな取り組みとして、もともと教師への道を目指していた思いから、近隣小学校にて神保流の食育授業を取り組み特別講師としても活躍する。現在では1校にとどまらず3校の特別講師として活躍している、また 2011年の大震災後も風評被害を受けた生産者を支える継続活動や復興支援などを自ら行い、料理人としてだけにとどまらず幅広い活動を積極的に行い、食のコンサルトも数多く手がけている。
取り組み小学校>港区青山小学校*世田谷区明正小学校*品川区延山第ニ小学校

「HATAKE AOYAMA」

メッセージ

料理を行う上で、旬をもっと大切にしてください。旬を把握してこそ、真の料理が作り出せます。

気になっていること

日々の業務

  • スタッフとのコミュニケーション

レストラン業界

  • 日本料理界の未来

外食産業

  • 今の時代、飲食産業のプロとして何が大切なのかを常に考える事
  • 和食
  • 洋食
  • 中華
  • デザート